どんなデザインにも対応してくれる最高のアイコン

文章は、それ自体がものごとや考えを相手に伝える手段ではありますが、同時に、「百聞は一見に如かず」とも言われます。アイコンは、動作、命令、感情、概念といったものを小さな絵や図で表現したものです。特にアプリやウェブサイト、インフォグラフィックにおいて、デザインをすっきりさせるのに役立ちます。

どんなデザインにも対応してくれる最高のアイコン どんなデザインにも対応してくれる最高のアイコン
See all backgrounds

ウェブサイトやアプリのインターフェースにアイコンを組み込む

多くの企業では、アプリやウェブサイトの構想を練る際にUIやUXのデザインを重視します。そこではユーザーのエクスペリエンスを向上させることが優先課題です。なぜなら、満足した顧客がリピーターとなり、そのアプリやウェブサイトを友人に紹介してくれるからです。アイコンはインターフェースの柱のひとつであると同時に、ユーザーが最初に探そうとする要素でもあります。

ウェブサイトやアプリのインターフェースにアイコンを組み込む

ソーシャルメディアの[登録する]ボタンをカスタマイズする

アイコンは視覚的に把握しやすいため、さまざまな場面で活躍してくれます。ソーシャルメディアなどにおけるアイコンの伝達力を侮ってはいけません。実際、アイコンはシンプルであるがゆえに有利に働くのですから。何かを強調したいときはアイコンを使ってみましょう。[登録する]ボタンの上に置いたベルをクリックし忘れる人はいないはず!

ソーシャルメディアの[登録する]ボタンをカスタマイズする

より強く視覚に訴える履歴書や職務経歴書で、すべての採用担当者に好印象を与える

履歴書には、経験、学歴、語学力、前職での職務など、採用担当者が見たいと思う一連の事柄を記載する必要があります。その際、重宝するものは何でしょう?それはアイコンです。アイコンは文字列を減らすのに役立つ上、ほかの履歴書に大きく水をあけることも可能にしてくれます。

より強く視覚に訴える履歴書や職務経歴書で、すべての採用担当者に好印象を与える
FAQ

アイコンとは何ですか?

アイコンとは、言語や国籍、文化に関わらず、ほとんどの人が理解できる方法でコミュニケーションをとったり情報を提供したりするために使われる、小さなグラフィック表現のことです。アイコンは、伝えるべき事柄やアイデアの視覚的な特徴のうち、本質的な部分を表現する傾向にあります。

アイコンとシンボルの違いは何ですか?

シンボルとアイコンは、どちらもアイデアや物事を図式的に表現したものです。ただし、アイコンが自らが象徴する物体を表現しているのに対し、シンボルは、アイデアやより抽象的な事柄に一段と焦点を当てています。

アイコンを見つけるにはどうすればよいですか?

Freepikならアイコンのコレクションが見つかります。検索ボックスにキーワードを入力するか「アイコン」カテゴリを選択するだけで、データベースを閲覧し始めることができます。また、flaticon.comでも何百万ものアイコンを見つけることができます。

創造的になろう。制約を取り払おう。

多くのアイデアには多くの画像が必要です。数百万種類のiconsに今すぐアクセスしましょう。

プレミアムに登録する
創造的になろう。制約を取り払おう。