クリップアートはプロジェクトを彩るための最高の手段です

クリップアートは既成の画像の一種だと思われているかもしれません。まあ、間違った定義ではないのですが、そのメリットについて考慮する必要はあるでしょう。クリップアートは通常、多岐にわたるトピックやテーマ、用途をカバーするものだと考えられています。余計な手間を省くという点では、クリップアートを使うことは良い案だといえますし、時間の節約にもつながるでしょう。

クリップアートはプロジェクトを彩るための最高の手段です クリップアートはプロジェクトを彩るための最高の手段です
See all backgrounds

あらゆるものを飾りつける際に必要となるインスピレーションを得る

クリップアートは万能タイプのグラフィックアートであり、何度も問題を解決してくれます。それは、クリップアートが既製品であることに加え、多種多様なテーマやトピックをカバーしていることにも起因しています。また、ステッカーを作成したり児童書の挿絵を描いたりするときにもよく使われるため、多くの場面で頼りになるリソースです。

あらゆるものを飾りつける際に必要となるインスピレーションを得る

あらゆる種類の文書やスライドショーにクリップアートを挿入する

文字だけのプレゼンテーションは好ましくないとされています。実は、文字の量を減らし、画像の量を増やすことこそ良い方法であることが多いのです。クリップアートは汎用性が高いため、スライドショーやオンラインドキュメントに装飾を施すだけでなく、こうした画像を重要な構成部分として利用することもできます。

あらゆる種類の文書やスライドショーにクリップアートを挿入する

オリジナルステッカーを作るのに最適なリソースを探す

クリップアートが典型的な既製アセットだということは揺るぎのない事実です。ステッカーを思い浮かべた方もいるかもしれませんね。ステッカーは、ほとんどの場所で手軽に使えるものだと考えられていますから。実際のところ、クリップアートはステッカーをデザインするのに最適な素材といえます。そこで、ぜひこのアイデアを試し、自分の目で確認してみてください。

オリジナルステッカーを作るのに最適なリソースを探す
FAQ

クリップアートとは何ですか?

クリップアートとはグラフィックアートの一種です。もう少し正確に言うと、概念を説明することを目的とした既成の画像のことを指します。今の時代、デジタル形式でしか存在しません。クリップアートは、ウェブサイトやスライドショー、書籍など、多くの媒体で利用されています。

クリップアートの例を教えてください。

クリップアートは通常、文書やスライドショー、ウェブサイトなど、さまざまな媒体のビジュアルとして使用できる既製の画像のことだと定義されています。クリップアートの例を見つけるための一番簡単な方法は、Freepikで「クリップアート」と入力して検索するだけです。Freepikには膨大な数の作品がある上、すぐにダウンロードできるようになっています。

クリップアートにはどのような種類がありますか?

ファイル形式に関しては、クリップアートにはビットマップとベクトルがあります。多くの場合「ラスター形式」と呼ばれるビットマップは、色付きかグレースケールの小さな正方形(別名「ピクセル」)のグリッドで構成された画像を指します。一方のベクトル形式は、数式に従った直線や曲線、点で構成された画像のため、画質の低下を招くことなく拡大・縮小することができます。この機能はラスター形式には備わっていません。

ピクチャとクリップアートの違いは何ですか?

クリップアートはグラフィックアートの一種で、今日では一般的にデジタル形式でできています。一方、「写真」という意味でのピクチャは、カメラに代表される特定の機器で撮影した画像のことです。カメラの種類に応じて、その成果物はデジタル形式であったり印刷されたものであったりします。

創造的になろう。制約を取り払おう。

多くのアイデアには多くの画像が必要です。数百万種類のclipartに今すぐアクセスしましょう。

プレミアムに登録する
創造的になろう。制約を取り払おう。