動的な形状構成による最小限の幾何学的背景