ビンテージの国際ジャズデーの背景