エイドムバラクフェスティバルの挨拶の背景