水彩労働日の背景